にほんブログ村ランキングに参加中です。 応援クリックよろしくです^^/
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

2009年12月20日

2009年ラー飯能 3時間耐久レース

今日は朝から、ラー飯能でカートの3時間耐久レースでした。
今年は、18台と台数はかなり揃いました。
カートに乗るのが実に5ヶ月ぶりで、最初は感覚を取り戻すのにとまどいましたが、徐々に普通に走れるようになってきました。
ただ、毎週のように走っていた頃に比べると、明らかに筋力不足&乗り込み不足。
レースでは30分強の時間を2回走っただけなのに、レース後の両腕がロクに力が入らなくなってましたよ(><)。
明日の筋肉痛が、考えただけでも恐ろしい。。。
あ、レースの方は18台中4位でした。

レース後は、カート場近くの「大松閣」にて懇親会で炭酸水をグビグビしておりました〜。

スタート直後の動画です。


チームメイトの走りの様子。なかなかいい走りしてますな^^。




自分の動画はどうしたって?
撮ってもらうのを、スッカリと忘れておりました^^;
posted by ネオス at 22:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

2009ラーカップ第4戦 60分耐久レース 

今日はカートの60分耐久レースに参加してきました。
公式練習、予選と思うようにタイムが上がらず苦戦必至な感じです。そんな中、チームメイトが予選3位のタイムを叩き出しました。
スタートはチームメイトの虚弱病患者さんがジャンプアップスタートで2位にポゾションアップ♪
DSC02017.JPG


先頭のマシンは異次元の速さでまったく付いていけません。。。
他のマシンが給油、ドライバーチェンジでピットに入っている間に先頭に立ちました^^;
35分経過するまで虚弱病患者さんが引っ張り、自分にチェンジ。
が、自分がピットアウトしたところの前には、3台のマシンがバトルをしていました。
こうなってくると、本調子にないマシンで捌いていくのはかなり厳しいです。
抜きあぐねながら周回を重ねていましたが、前のマシンに追突しないように早めにブレーキングし、コーナーリング。
が、そのときに少しだけゼブラに乗ったところでチェーンが外れてしまい失速。
ピットに戻りチェーンを付け直してコースに戻りましたが、数ラップも離された最下位でゴールしました(><)。
虚弱病患者さんには申し訳ないし、自分としても情けなく、悔しいレースとなってしまいました...。
レース後は、ウチの近くの野川公園で会社の人たちが朝からバーベキューをやっているところに合流、軽くグビッ♪
当然のごとく、朝から飲んでる連中は超酔っ払いで、素の自分は圧倒されまくりでしたよ^^;
その後はジムに行きトレミ1.5kmだけ、超ユルユルランをしました。

写真は今日のワタクシの4台バトルの一幕です。4台の中の最後尾で必至に追い上げを狙ってます。
ゼッケン1です。
DSC02018.JPG

DSC02019.JPG

DSC02020.JPG


そしてこの直後にチェーンが....。
DSC02021.JPG

posted by ネオス at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

2009ラーカップ第2戦60分耐久レース

今日はカートレース「ラーカップ第2戦60分耐久レース」に参加してきました。
1.マシン.JPG


自分にとっては今年の初レースが初カートとなります^^;
チームメイトは去年のシリーズチャンピオンなので、下手な走りは出来ません。
ちなみに参加台数は9台とかなり少なめ。参加台数から見ると、表彰台の確率は3分の1ですが、腕のあるチームがほとんど参加しているので簡単にはいかなさそう^^;
そんな中公式練習が始まります。走りとしてはまずまずでしたが、他のマシンも速い。
チームメイトが必死に走っても6番手のタイム。
予選はなんとか上向いて、それでも4番グリッドが精一杯でした。
そして、決勝スタート。
2.スタート.JPG


チームメイトのジャンプアップスタートで3番手に上昇。その後は付かず離れずの展開で3番手をキープ。やがて1位と2位のマシンがピットインし給油作業。必然的にトップにたちます♪
そして25分過ぎ、周回遅れのマシンに追いついたところでウチらもピットインし給油作業を行います。
ここで「給油用のシュポシュポに吸いがうまいこといかずロス」「ポリタンクのキャップがタンクの溝にはまってしまうロス」極めつけは「給油後にエンジンがなかなかかからなかいロス」という3つのロスが重なり都合20秒くらいはロスをしてしまいました。
自分もロス分を取り返すべく必死に走りました。
09-4-12ラーカップ第2戦.JPG

4.バトル.JPG

09-04-12.JPG

残り13分くらいでチームメイトと交代し、後を託します。
結局、ピット作業のロスが大きく響き、4番手まで上がったところでチェッカー。
最低目標の表彰台にも乗ることができなくて残念。
表彰台に乗った上位3チームです。
6.表彰台.JPG

次はウチらもシャンパンファイトしたいね。
7.シャンパンファイト.JPG


posted by ネオス at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

2008年ラーカップシリーズ第7戦

今日はカートレース、耐久部門の最終戦。
最終戦なのに参加台数が8台と寂しい。。。
1.スターティンググリッド.JPG

レースは8台中3位でフィニッシュ♪
上位2チームとはコース上での直接の絡みはなかったが、ピット作業やクリアラップをうまいこと取れたかどうかの差が出たのかな〜。
ま、久々にシャンパンファイトできたからいいか^^;
2.シャンパンファイト.JPG

3.楯.JPG


これで、耐久部門は年間通して2位で終了。
シリーズ最終戦は大田原マラソンの翌日のスプリントレース。
スプリント部門は今年はタイトル争いに絡んでないので、参加しないかも^^;
posted by ネオス at 22:38| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

2008 ラーカップシリーズ第4戦60分耐久レース

表彰台1.jpg

今日はラーカップ第4戦60分耐久レースを走ってきました♪
といっても、ランではなくカートの方です^^;
チームメイトの虚弱病患者さんのマシンでの出走で、公式練習2位のなかなかの感触♪
予選も3位の好位置につけ決勝を迎えます。
虚弱病患者さんと簡単な作戦会議を行い決勝スタート。
ファーストドライバーは虚弱病患者さんが努めます。
ジャンプアップスアタートとはいきませんでしたが、番手ポジションをキープする好スタート♪
各マシンが給油やドライバーチェンジでピット作業にかかっている間に先頭に立ちます。
そして、30分を経過したところで私にチェンジ。
前方にマシンの居ない状態でのピットアウト♪クリアな状態で周回を刻みますが、周回遅れのマシンに追いついてきました。
いつもなら強引にでも抜きにかかりますが、2位のマシンとの差もあったのでムリには抜かずに周回を重ねます(抜きはしなくともプレッシャーだけはかけてましたけどね^^;)。
そして、最後のドライバー交代で虚弱病患者さんにチェンジしそのままトップでチェッカーを受けました。
シリーズ戦では1年ぶりの優勝だったのでかなり嬉しかったです♪
今晩は奮発して「エビス」を飲んじゃいました^^;

スタート前の一息です♪
ラーカップ4マシン+人.jpg


この日はキッズカートのレースも行われていました。
キッズ.jpg


虚弱病患者さんのウイニングランです♪
ラーカップ4ウイニンギラン.jpg


シャンパンファイトはいつやってもいいもんですな〜^^。
シャンパンファイト.jpg


優勝の楯。今回はいいマシンを提供してくれた虚弱病患者さんに♪
盾.jpg
posted by ネオス at 23:56| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

今年初のカート

ブログのタイトルを変えて最初の記事がカートです^^;
来週がカートのシリーズ戦の開幕戦のため、今年になって初めてサーキットに行ってスポーツ走行をしてきました。
数ヶ月ぶりに自分のマシンを動かすので、エンジンがちゃんとかかるかどうかが問題だったけど、問題なくかかりホッ♪
が、1本目にいきなりマフラー付近から「パンッパ〜ンッ!!」という音がすると同時にマシンが動かなくなってしまいました。
「エンジンが焼きついたか?やってもうた〜、下手こいた〜!」と思い、ピットで色々と原因を探っていたら、アースを取る部分のハーネスが、もげていた事が発覚。これが原因。とりあえずエンジン焼きつきではなくて安心。来週のレースは無事に出られそうです♪
posted by ネオス at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

2007年ラー飯能3時間耐久レース結果

日曜はラー飯能3時間耐久レースに参戦してきました。
今年は虚弱病患者さんとの2人体制で参戦、マシンは虚弱病患者さんのEX21の4ストです。
1.ラー飯能3時間耐久マシン.jpg


今年も忘年会やら何やらで、セッティングに顔を出せませんでしたm(__)m
さてさて、レース当日ですが、今年の予選はコース1周(540m)の外周を、チームから2人出してリレーをするといったもの。もちろん自分の足で走ります^^;
このレースは通常のシリーズ戦と違って、お祭り的なレースでもあるので、予選もレース当日まで内容は知らされません。過去にはバットグルグルなんてのもありました。
結果は19チーム中15位。15番手グリッドからのスタートとなります。案の定短距離はあきまへん^^;

15番グリッドなので見えませんね。
2.ラー飯能3時間耐久サンタ.jpg


スタートの第1コーナーの飛び込みです。
ここからの撮影は分かっていても怖いっすね^^;
3.ラー飯能3時間耐久スタート1コーナー.jpg


レースは虚弱病患者さんの巧みな捌きと他者の給油のピットインもあって私に変わる頃には3番手までポジションアップ。
ここからは各車とも続々ピットインしてくるので順位がめまぐるしく変わります。
35分走ったところで虚弱病患者さんと交代です。
そのまま90分を迎えます。このレースは、90分経過したところでサーキットからの出し物をこなさなければなりません。
今年はF1に関係する地理の問題ということだったので、虚弱病患者さんに解いてもらいます。この出し物は5問ありますが、1問間違うことにマイナス1周されるんですね〜。
あとで分かりましたが、私が問題を解いていたらマイナス2周をくらっていました^^;
そして、90分から130分までの40分間は私の走行。前を走るマシンにプレッシャーをかけながら、たまにはプレッシャーをかけられもしながら何とか自分のドライバーとしての役目を終えます。
残り50分は虚弱病患者さんに任せます。このタイミングでトップにたってました。
後は給油でのピットインもないので逃げ切ってもらうだけです。
が、ここからチェッカーまで3回もセーフティーカーが入ってしまいました。セーフティーカーが入るとフルコースコーションになってしまい、セーフティーカーがどの位置で入るかによって展開がガラリと変わってくるのです。
先頭を走っている我々は、2番手のマシンにつけている差が、場合によっては一気に詰められる恐れもあったのですが、3度とも2番手を走るマシンのすぐ前にセーフティーカーが入ってくれたので助かりました♪
終盤になってウンがものをいった感じです。
レースはそのまま逃げ切り見事優勝。虚弱病患者さんにとっては初の3時間耐久レース優勝となりました♪

レース後は名栗の大松閣で表彰式やビンゴゲームが盛大に行われました♪
posted by ネオス at 22:15| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

2007年ラーカップシリーズ第6戦

今日は、ラーカップシリーズ第6戦(60分耐久レース)に参戦してきました。
今回は虚弱病患者さんの4stマシンでの参戦となりました。
私はこれまで4stマシンに乗ったことがなく、不安はありましたが「なんとかなるだろう」という軽い気持ちでいました。
まずはレース前のスポーツ走行。中古タイヤで走ってベストラップが33秒2。前日に虚弱病患者さんが32秒8で走ったことと体重差(約9kg)を考えれば、まずまずといったところでしょうか。
そんな中公式練習が始まりました。今度は新品タイヤを履いて走りましたが、4〜5周回したところでオレンジボールのフラッグが出されました。何だろうと思いピットに入ったら、なんとゼッケンを着けずに走っていました。
そして予選は虚弱病患者さんに走ってもらい、5番手のタイムを叩き出してもらいました。
でも、前回の耐久で優勝しているので、後方スタートのハンデによって後方からスタートです。
今回のスターティングドライバーは私です。
作戦は例によって1周走ってピットインして、虚弱病患者さんに長い時間走ってもらいというものであります。
スタートは例によってドン亀スタート。
最後方までポジションを落としましたが、1コーナーで捲くり、2コーナーでも捲くり、3コーナーでもさらに捲くり、4コーナーも捲くりに捲くってかなりポジションをアップさせてピットインし虚弱病患者さんに走ってもらいます。
いい場所でコースインできて、しばしクリアラップで走ることができました。徐々に順位もアップしていき、私にチェンジをするときは2位までになっていました♪
そして私にチェンジし、ピット作業の短さでトップにたちました。
虚弱病患者さんがサインボードを出してくれて順位が分かりました。
あと10分逃げ切れれば「今年2回目の優勝」のハズだったのですが。。。なんと、上りエンドの右コーナーを曲がるときに、右リヤタイヤを縁石に乗って走ってしまい、その衝撃でチェーンをはずしてしまいました。。。。。。。。
ピットまでマシンを押して戻り、元に戻してリスタートしましたが、ポジションは9位まで後退。
もっと冷静になって走っていれば、虚弱病患者さんのサインボードも誤った解釈をせずにただろうに、縁石にも乗らなかっただろうにと悔やまれることばかりです。
ほぼ手中にしていた優勝と、耐久レースのシリーズチャンピオンを逃したショックは大きかったです。
虚弱病患者さんにまで迷惑をかけてしまいました。
12月の3耐では同じヘマをしないように優勝で締めくくりたいと思います。
posted by ネオス at 23:14| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

2007年ラーカップシリーズ第5戦

今日は、ラーカップシリーズ第5戦(スプリントレース)に参戦してきました。
当初の天気予報は曇りでドライコンディションのハズだったのに、朝起きたら雨でござる。
この時点でやる気半減モードに突入です^^;
サーキットに着くと、虚弱病患者さんが早くもレースに向けて着々と準備中。タイヤもレインタイヤの新品を装着しておりました。
自分はというと、新品のレインタイヤは買わずに、3年くらい前に使った中古のレインタイヤで走ることにしました。といっても、新品のタイヤに比べたらタイヤの山は、かなり少なくなってます。。。
最終戦が社員旅行で出られなくて、チャンピオン争いに絡むことも出来ないので、この選択しかありませんでした。新品買うと25000円かかるしね^^;
そんなわけで予選が始まりましたが、中古のタイヤでは思うようにアクセルを踏めません。
スターティンググリッドは11台中10位でした^^;
そして15周回のセミファイナルレースがスタートとなりましたが、まったく他のマシンに付いていけず、差がドンドン開いていきます。
こうなったら「タイヤを滑らせて走るのを楽しもう」と思い、ドリフトしまくりでコーナーを回っていたら、調子に乗りすぎてスピン。すぐに先頭集団に追いつかれてしまいました〜^^;
そして周回遅れとなってしまいました。
決勝レース(20周回)は最後方からのスタートで、今度は周回遅れにならないことを目標にスタートしましたが、16周回目に先頭集団に追いつかれ、「お先にどうぞ」のサインを出してまたまた周回遅れとなりました。
結局参加11台中9台に周回遅れにされるという大負けのビリでチェッカーを受けました。
誰かがスピンでもするかなぁとか思ってましたが、歴戦のツワモノはそう簡単にはスピンはしてくれませんでしたね^^;
まぁ、大負けするべくして大負けしたので、そんなに悲観はしてません。
次の耐久は勝ちにいくぞい!
posted by ネオス at 22:36| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

2007年ラーカップシリーズ第4戦

今日は、ラーカップシリーズ第4戦(60分耐久レース)に参戦してきました。
朝から雨模様だったので、「レインタイヤを買わなきゃいけないのかぁ」と思っていたのですが、日頃の行いが良いのか?ラー飯能に着いたら雨は上がっていて、路面も徐々に乾いていってくれました♪
これで、レインタイヤを買わずに済みました^^;
予選タイムは2番手だったものにの、今回は前回の耐久レースで表彰台に上っていたので、ハンデとして後方グリッドからのスタート。
作戦としては、私よりも10kg近く体重の軽い虚弱病患者さんに多く走ってもらうということと、いかにクリアラップをとって走るかということで、迷わず1周目にピットインしてドライバー交代する作戦を取りました。
他にも1周目にピットインするチームもいましたが、虚弱病患者さんの好スタートもあって、私がコースに出たときは、思い切りクリアラップでした♪
今日の自分のマシンは調子が上がっていなかったのですが、各チームともいつもよりタイムが出ていないよう。
そんな中、10分も走ると前を走るマシンに追いつき始めました。
マシンの調子が上がっていないので、いつものようにスンナリとは抜けません^^;
でも、何とか抜いていき25分近く走ったところで虚弱病患者さんにドライバーチェンジ、後は任せます♪
これで、ウチらのチームはピット関係の作業はすべて完了。
が、タイヤのグリップ力が落ちてしまったことを伝えるのを忘れましたが、虚弱病患者さんなら何とかしてくれるでしょう^^。
これまた、クリアーなところに出ることが出来て、何だかいい感じ♪
エンジンがタレてくるマシンが増えてくる中、終盤に入ってもエンジンはテレてきません。
そうこうしているうちに、ピット作業を済ませていないマシンが続々とピットイン。
やがて、我がチームがトップに躍り出ました♪
後は後続を引き離していくだけなのですが、そう簡単にはいきません。
周回遅れに引っかかっている間に、2番手のマシンとの差が詰まってきたりと、ヤキモキする場面もありましたが、運も味方してくれてトップでチェッカーを受けることができました♪
自分にとっては1年以上ぶりのシリーズ戦優勝でした〜♪
タイヤの美味しい部分を全部一人で使ってしまって、そのあとのドライビングをカバーしてくれた虚弱病患者さんに感謝です^^。
次はスプリント戦となりますが、このレースもいい成績をおさめたいものですね〜。

2007ra-cup4-1.jpg



2007ra-cup4-2.jpg



2007ra-cup4-3.jpg
posted by ネオス at 23:20| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

2007年ラーカップシリーズ第2戦

今日はラーカップシリーズ第2戦(60分耐久レース)に参戦してきました。
開幕戦は荒川市民マラソンと日程が重なっていたので断念。
自分にとっての開幕戦は第2戦となりました。
第2戦は耐久レースですが、今年は昨年のシリーズ総合3位の虚弱病患者さんとチームを組んでの参戦となり、心強いばかりです♪


虚弱病患者号.jpg

今回投入の虚弱病患者号です。


ドラミ.jpg

レース前のドラミ(ドライバーズミーティング)です。


予選は虚弱病患者さんのテクニックで、マシンの仕上がりがいまひとつながらも4位をキープで決勝に挑みます。
私はというと、体重が虚弱病患者さんよりも5kgほど重いのと、最近はカートそのものにあまり乗っていないブランクもあり、虚弱病患者さんの0.3〜4秒落ちのタイム。抜かれることのないようにすることだけを頭に入れました。
スターターは当然のことながら虚弱病患者さんです。
快心なスタートで、3番手にポジションアップ♪グッジョブであります♪♪
その後はスタートで食われたマシンが襲い掛かってきますが、ナイスなブロックで3番手をキープ。
抜きにくい周回遅れに追いついたところで、私にチェンジ。ここで給油も済ませます。
ピットアウトしていったら、運のいいことに超の付くほどのクリアラップ♪
後方にもマシンはきていません。いまひとつタイムの出なかった自分にしてみれば、精神的にはかなり楽な状況で走ることが出来ました。やがて、周回遅れが現れてきますが、手こずることなくパスしていきました♪
で、抜きにくいマシン(赤鬼Mさん)とバトルになったところでピットイン、残りは虚弱病患者さんにお任せです。
ピットアウト後は、前方のマシンに手こずっていましたが、そのマシンがピットインしてからは、前を走るマシンを確実に捌いていってポジションアップします。
順位が3位にまで上がったところで、後方からは4位のマシンが猛烈な勢いで追い上げてきましたが、何とか3番手をキープしたままチェッカーフラッグを受けました♪
久々の表彰台に満足な結果した。

車検.jpg

上位5位に入ったので、車検です。今回はキャブレターのチェックでした。


表彰台.jpg


シャンパンファイト.jpg

久々の表彰台に久々のシャンパンファイト♪気持ちよかったです。

あ”....今になって思い出した。。。
虚弱病患者さんに立て替えてもらっていたレース代、払うの忘れて帰ってきちゃった。
今度払いますね^^;
posted by ネオス at 23:38| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

2006年ラー飯能3時間耐久レース結果

日曜はラー飯能3時間耐久レースに参戦してきました。
今年は耐久おやじさん、野良猫さんとの3人体制で参戦しました。
今年は野良猫さんのマシンで出走、マシンセッティングは耐久おやじさん、野良猫さんにお任せの状態でした。
私はというと、会社の忘年会やら何やらでセッティングに顔を出せずに申し訳なかったです。
さてさて、レース当日ですが、予選がコース1周(540m)を自分の足で走るというもの。予選内容が発表されたときは、何人かの「ジ〜ッ」といった視線を感じました。チームメイトも「走るんでしょ」といった雰囲気です。
こっちは「走るのは構わないけど、1番では帰ってこれないよ」ってな感じです。若い人にはかなうはずもないよ。540000mだったら勝てるけどね♪
あ〜だこ〜だいいながらも予選開始。序盤は後方に位置取り、中盤以降の上りで少しずつ抜いていき、16人中5番手で予選終了。案の定、若い者にはかないませんでした。でも540mを1分29秒1で走っていたことに驚きました。
そして決勝のスタート。1番手は野良猫さんです。
5番手から圧倒的なマシンパワーを生かして、好スタートから2周回目にはトップを奪う快走ぶり。
野良猫さんはトップで戻ってきて、2番手の耐久おやじさんに交代です。このときに1度目の給油を済ませたので、一時的にポジションを落とします(給油の時には3分間停止しなくてはいけないルールなのです)。
その後は耐久おやじさんも好走し、私に交代です。
私もミスすることなく周回遅れをパスし、気持ちよく周回を重ねていきます。
やがて90分がたち、一旦全車ピットに戻り、主催者発表の決まりごとをこなさなくてはなりません。
今年の決まりごとは、「190ccの午後の紅茶2本の一気飲み」です。別に一気に飲まなくてもいいのですが、順位があるので必然的に一気飲みになってしまいます^^;
で、ピットにもどり一気飲みに入るのですが、手がかじかんでいて、なかなかヘルメットが脱げません。焦りに焦ってなんとかヘルメットを脱ぎ超一気飲みで4番手の耐久オヤジさんに交代します。
このときから、後は給油無しで行くか、あともう1回給油をするかを考えます。が、なかなか答えが出ません。
そんな中、5番手ドライバーの私に交代です。途中、残りの燃料が2.5gであることを伝え、しばらく走ります。
やがてピットから「ドライバーチェンジのみ」のサインがでました。
残りの燃料は1gくらいでしたが、レースも終盤だったので何も考えずにピットイン。
が、タンクの燃料を見た瞬間に、これでは最後まで燃料がもたないと。。。
このピットインが、ムダになってしまいました。1周走って、野良猫さんが給油所に入ってきて給油。給油の時には必ずドライバーチェンジをしなくてはならないので、ここで耐久オヤジさんに交代です。少し走って、ラストドライバーの野良猫さんに交代です。
結局、終盤の給油の判断ミスが大きく響いて、2位でフィニッシュでした。
でも、気持ちよく走れたので満足しております♪
レース後は、大松閣にてこの日のレースと年間表彰を兼ねたパーティーが盛大に行われました。私もシリーズ年間4位ということで表彰されました♪
久々にいいマシンに乗ったこともあって、今日は上半身がバリバリの筋肉痛となっております^^;
posted by ネオス at 22:23| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

2006年ラーカップシリーズ最終戦

日曜日はラーカップシリーズ最終戦に出走してきました。
シリーズチャンピオンのかかった最終戦、気合がはいります。
前日の雨の影響もあってか、練習走行から各マシンともタイムが出ていない中、1周だけの予選開始。
路面コンディションのよくない中の1周だけのタイムアタックで4番手のタイムをキープ。私より上位の中の2台は、前回のスプリントレースで表彰台に上がっているので、後方からのスタートとなり、私は2番手グリッドからのスタートとなります♪
セミファイナルレースでは好スタートを切って序盤にトップに立つつもりだったのですが、そう甘くはなく、好スタートどころかドン亀スタートとなってしまい、2車のマシンに食われて一気に4番手に後退。
いつもであれば、ここから追い上げてポジションアップを狙うのですが、駆動系パーツを新品にしたからなのか、思うようにマシンが伸びてくれません。結局、上位4台が僅差のまま、私といったらバトルらしいバトルも、仕掛けることすら出来ずセミファイナルを4番手のまま終えました。
そして、決勝レース。
泣いても笑っても、この20周ですべてが決まります。
セミファイナルでマシンの調子が出てなかったので、前回の耐久レースで調子の良かったパーツに戻し、セッティングもその時のセットで挑みました。
キャブレターも調整し、今度こそ好スタートが切れますようにとスタートしましたが、天に見放されたのか、今度はさっきよりもひどいスタート。
一気に3台のマシンに食われてしまい、7番手までポジションダウン。
絶望感の中、1台捌いて6番手にアップ。さらに4番手を走行のM下さんと5番手を走行のS本さんのバトルの間隙をついて5番手までアップ。
しかし、そこからM下さんの鬼ブロックにあい、抜きあぐねている間にS本さんに隙を突かれ抜かれてしまいます。
しばらくして、またまた展開のアヤでS本さんを抜き返しM下さんを追います。
またもやM下さんの鬼ブロックにあいますが、仕掛けるポイントをジックリと待ってました。
レースも残り5周くらいとなったところでM下さんが、ダンロップコーナー手前で微妙に外に膨れた隙を狙ってインを突きました。
M下さんも抜かれるわけにはいかずインを閉めてきます。
ここで、私とM下さんが接触、M下さんはすぐにコースに復帰しましたが大幅にポジションダウン。
私はコースアウトし、しばらくしてコースに復帰しましたが後の祭りです。
結局18台中、ブービーでのフィニッシュでした。
M下さんと接触した瞬間に「終わったぁ・・・」状態になりましたが、私としてはあそこで仕掛けないと前に上がれないし、守りのレースをするつもりもなかったので後悔はしていません。
ただ、強引な突っ込みだったので、接触したM下さんには申し訳なかったです。
この接触によって、この日3番手を走行し、ほぼ手中にしていたT内さんのシリーズチャンピオンが飛んでいってしまいました。
それは、この日のレース展開で、5位以内でフィニッシュすればシリーズチャンピオンになれる亜愚レンジャーさんが、2台のマシンが消えたことによって労せずして5番手でフィニッシュしてしまったからです。
T内さんも1台抜いて2位でフィニッシュしていればシリーズチャンピオンをゲットできていただけに残念でした。
両者の年間ポイント差は、たったの1ポイント。
1ポイントといえども侮れない結果となりました。
この、私の強引な突っ込みによって、結果的に亜愚レンジャーさんに甘い汁を吸わせ、T内さんには1ポイントに大切さを味あわせる結果となりました。
posted by ネオス at 22:12| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

明日はラーカップシリーズ最終戦

いよいよ明日はラーカップシリーズの最終戦を迎えます。
第6戦終了時点でシリーズ3位につけてます。
明日の最終戦で優勝すれば、無条件でシリーズ2位が確定します。そして、現在のランキングトップの亜愚レンジャーさんが4位以下に沈めば、念願のシリーズチャンピオンの座をゲットできるのです♪
ちなみにランク2位の虚弱病患者さんは、前回のスプリントレースで3位以内に入っているため後方スタートのハンデがあり、かなりキツイレースになりそうです。
私と亜愚レンジャーさんはハンデがないので、その分有利ではありますが結果はいかに!
posted by ネオス at 22:29| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

2006年ラーカップシリーズ第6戦

上越で伝説を残した翌日、ラー飯能でラーカップ第6戦(60分耐久レース)に出場してきました。
前日に90kmほど走ってきたので、朝起きたときの筋肉痛が怖かったのですが、意外にもたいした筋肉痛はなく普通に歩ける状態でありました。ロボット度がほぼゼロだったので、これには本人もビックリ&ラッキーでありました^^。
さてさて、肝心のマシンの状態ですが、セッティングは完了してますが、4〜5周しか走ってないのでタレが収まったのか、仕上がっているのかが分かりません。
朝のスポーツ走行で走ってみることにしました。
状態はGOOです。タレも収まって60分は戦えそうな足取りでありました。
公式練習、公式予選ともトップタイムをマークし久々のポールポジションをGWットしました。
第6戦スターティンググリッド.jpg


あ、そうそう、今回はウルトラマラソン翌日のレースなので、パートナーにHさんを迎えての参戦なのであります。
そのHさんとピットタイミング等の作戦を打ち合わせ、スタート時間を待ちます。
スタートが苦手な私ですが、今回はマズマズのスタートを切ることができてポジションキープのまま周回を重ねていきました。
第6戦第1コーナー.jpg


本来ならここから引き離しにかかるところなのですが、2番手スタートのSさんもマシンの調子がよいらしくなかなか思った通りに離れてくれません^^;
レースも10分近くたったころから周回遅れのマシンがでてきました。
この周回遅れを早めに捌いて、その間に徐々にではありますがSさんとの差が広がり始めました♪
23分たったところでトップをキープしたままピットイン、給油を済ませHさんにバトンタッチします。
ピットインしたことで一旦はポジションダウンしますが、Hさんも果敢に攻め、数台のマシンを捌いていきます。
しばらくして他のチームもピットインをし始め、我がチーム「燃える闘魂」は2位まで再浮上しました。
Hさんが周回遅れに引っかかりそうになったところで2度目のピットイン。私と交代しトップを目指します。
この時点で残り時間は13分くらいだったと思います。
ここまではミスなくきていたので、いずれ自然とトップに立つものと思っていましたが、ピットワークの素晴らしかった「Team X-ray +16kg」が先頭を走っていました。
最初はもう一度ピットインするはずとタカをくくっていたのですが、雰囲気的にすべてのピットインは終わっている感じです。
ここから私と、去年までのチームメイト・亜愚レンジャーさんとの約10分にわたるバトルが始まりました。
お互いの走り、マシンを知り尽くした上でのバトル、そう簡単には抜けません。
1コーナーで何度かプレッシャーをかけますが、なかなかミスもしてくれません。曲者だぁ・・・。
そんな中、チャンスが到来。うまいタイミングでつけて周ることができ、1コーナーでインを突くことが出来ました。
が、ここは曲者・亜愚レンジャーさん、簡単には前には出させてくれません。
1周にわたるサイドバイサイドの末、またまた前に出られてしまいました。
結局このままバトルは続き、結局2位でチェッカーを受けました。
第6戦表彰台.jpg


負けはしたものの、いいバトルができたので悔しさはあるものの、スッキリ感がありました。
いつぞやのモナコGPのセナとのバトルに負けたマンセルのような感じですかね。
これで次の最終戦で優勝したとても、トップの亜愚レンジャーさんが4位以下にならなければシリーズチャンピオンになることができなくなってしまいました。。。
もっと強引に突っ込んでスピンさせとけばよかったかな。。。。なんてウソウソ^^;



posted by ネオス at 00:25| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

2006年ラーカップシリーズ第5戦

日曜日はラーカップ第5戦(スプリントレース)に参戦してきました。
今回はこれまでのように、マシンが仕上がらず苦しいレースとなりました。
前週のスポーツ走行で、マシンがすぐタレてしまうといった症状に見舞われてしまい、いろいろと調整してきたのですが、タレの症状がなくなることはありませんでした。

2006-5グリッド.jpg

それでも、1周だけで行われる予選は2番グリッドを死守しました♪

次に決勝のグリッドを決めるセミファイナルレースが15周回で行われるのですが、ここは出遅れながらもスタートを残し3番手を走る虚弱病患者さんのマシンもタレてくれて後続以下を抑えてくれて楽に2番手でフィニッシュできました♪もちろん私のマシンもタレてしまい、途中からトップを走るSさんに大きく引き離されてしまいました。。。
決勝レースが始まる前に、大学対抗レースが行われる(60分)ので、その間に色々やってみました。
で、決勝レースとなりますが、フォーーメーションラップに出るときに、マシンから異音が聞こえました。アクセルを踏むたびに異音が聞こえてきます。「こ、これはマシントラブルなのか!」「でも、イヤな音が聞こえるだけで走りには影響ないよね」「もし何かが起こって、スローダウンしたら後続の皆さんゴメン」。いろいろなことが頭を駆け巡りながらスタートしました。

2006-5第1コーナー.jpg

当然のごとく出遅れてしまいました^^;
1コーナーでは虚弱病患者さんに抜かれそうになりましたが、かろうじて残し、2番手をキープしました。「このまま番手キープで完走じゃ!」と周回を重ねるうちに3番手との差が少しずつ広がりました。「このままこのまま♪」こう心の中でつぶやきながら周回を重ねていましたが、5周目を過ぎたあたりから徐々にタレが出始めてきました。
開いていた差があっという間になくなってしまいました。
「ゲゲッ!セミファイナルでタレていた虚弱病患者号がタレてねぇ〜〜」
「残り15周もあるのにエライこっちゃ」完全に守りモードに突入してしまいました。
でも、そのときはやってきたのでした。。。10周回目、上りエンドで虚弱病患者号のフロントが視界に一瞬入った時にブレーキングが少し遅れてしまい、タレのあるマシンには致命的な強いブレーキングをしてしまったのでした。。。
案の定、立ち上がりでもたついてしまい、ダンロップコーナーで虚弱病患者さんに前に出られてしまいました。
「クソぉ〜、1コーナーでまくり返してやる〜」と思い、1コーナーでの仕掛けを作るために最終コーナーで外目をかましていったら、かましすぎてしまい外に膨らんだところをM川さんにもすくわれてしまい、一瞬で4位に転落。その後、たいして離されずに喰らいついていくも、一度落としたポジションを奪い返すマシンパワーもなくそのまま4位でチェッカーを受けたのでした。
2006-5表彰台.jpg


今回のレースも耐久おやじ師匠に色々と面倒を見ていただきました。
耐久おやじ師匠含め、面倒を見ていただいた皆さん有難うございました。
次の耐久ではマシンも復活させて優勝を目指します。。。。って、次の耐久レースは100kmマラソンの翌日なのでありまする。とりあえず、今から言い訳をしておきます^^;
野良猫さん、都合ついたら耐久当日はパートナーを頼んます♪
posted by ネオス at 22:26| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

2006年 RA-耐(6時間耐久レース)

きのうは、ラー飯能の真夏の祭典であるRA-耐に参戦してきました。
このレースは通常のシリーズ戦とは違って予選も無く(スターティンググリッドはくじ引きで決まります)、真夏のお祭り的な意味合いが強いレースです。
とはいっても6時間耐久レースなので、このクソ暑い中、6時間もトラブルのないように走らないといけません。
我がチーム「Zoromay's-Xray」は虚弱病患者さん、亜愚レンジャーさん、Dr.コバさん、私の4人体制なので、単純計算で1人1時間半の走行となります。
今年に入ってからレースのときくらいしか走っていない私にしてみれば「このクソ暑いのに体持つのか、オレ!」といった感じです。

2006ラー耐1.jpg

スタート2時間くらい前の風景。ボチボチと最終段階の整備に取り掛かるチームもでてきたようです。
怪しげな人物も1名います^^。


2006ラー耐2.jpg

今回お世話になる虚弱病患者号です。本人曰く仕上がりは「良くもなく悪くもない」そうです。


2006ラー耐3.jpg

公式練習、マシンの車検も終わり、クジで決まったグリッドにマシンを移動うさせます。
ちなみに公式練習では「良くもなく悪くもない仕上がり」なのにトップタイムでした♪「すごく仕上がってるぢゃん♪」


2006ラー耐4.jpg

決勝のスタート直後です。今回はスターターではなかったので自分で写真を撮りましたが、正直この位置からの撮影は怖かったです^^;


私は今回はジャンケンで2番手ドライバーとなりました。
当初の予定であれば40分が経過したくらいにドライバーチェンジをするのですが、35分をあたりで1番手ドライバーのコバさんとチェンジ、給油を済ませてコースインしました。
こちらはコースインしたばかりでピンピンの状態なので、スタートから走り続けてヘロヘロ状態のドライバーが操るマシンをバッサバッサ捌いていきます♪
でも、序盤であまり体力を使いすぎると、今度は自分がバッサバッサ抜かれてしまうので、体力温存走法に徹することにしました。
が、20分を経過した頃くらいから、早くもヤバくなってきました。「まだ予定の半分も走ってないのにどないしよ。。。時間よ進んでおくれ。。。」と念じていたら、25分過ぎ辺りで他のマシンがコース上でトラブル発生。セーフティーカーが入ってくれました。ここで給油のためにピットイン、助かりました^^;
3番手ドライバーは亜愚レンジャーさん、体力にものを言わせ50分ほど走っていただきました♪
4番手ドライバーは今回のマシン提供者の虚弱病患者さん。今回のチームのファステストラップを叩き出す華麗な走りで名前に似合わず、かなり走っていただきました♪
レースも半分を終えた頃には、優勝候補のマシンにもトラブルやコース上でのクラッシュが発生し始めてきました。ライバルチームとはいえ心配、ウチのチームもいつトラブルが起きるかもしれません。

5番手ドライバーは最初に戻ってコバさん。1回目の走行の疲労があるのか、きつそうです。それでも根性できついながらも他のマシンを抜いていきます。その根性も35分で果ててしまったようで、6番手の私と交代します。
燃料もタンク満タン状態になってしまったので、今回はセーフティーが30分くらいで入っても早め給油でピットインというのに救われることはなさそうです。。。
腹を決めました。このスティントは超体力温存走法に徹して、体力を消耗するようなムダなバトルはしないことにしました。
これがよかったのか、ノルマの1時間をこなせ7番手ドライバーの亜愚レンジャーさんにチェンジしました。
相変わらず安定感のある走りと化け物のような体力で他車を捌いていきます。ここでも50分ほど走ってもらい、最終ドライバーの虚弱病患者さんにチェンジ。
のこり40分、あとは何もなければ優勝です。ここでモニターをチェックしたら2位との差が7周ありました。亜愚レンジャーさんとヒソヒソ話し、ウイニングランはコバさんでいこうということに決めました。というのも、コバさん以外はウイニングランを経験しているので、ここはコバさんにビシッと決めてもらおうということになりました。残り10分を切ったところでコバさんとチェンジ。夢をコバさんに託します。
でもなぜだかコバさんの走りが固いです。必要以上に緊張しているみたい^^。
でも、残り5分を切ったところで、またまたセーフティーカーが入りました。コバさんはさぞかしがホッとしたことでしょう♪
で、セーフティーカーに引っ張られるままに6時間耐久のチェッカーというコバさんらしい?フィニッシュとなりました。

2006ラー耐5.jpg

さぁコバさんの、待ちに待った初のウイニングランです。
本来はウイニングランは1台のマシンだけなのですが、なぜだか3車のマシンが。。。
後ろの2台はダブルチェッカーという世にも恐ろしいことを犯してしまっていたのです。


今回は虚弱病患者さんがいいマシンを提供してくれたことと、チーム一丸となって、たいしてミスもすることなくいい感じで勝利することができました。皆さん有難うございました♪
あ”っ、コバさん写真をメールで送っといて〜♪

posted by ネオス at 20:26| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(1) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

2006年ラーカップシリーズ第4戦

日曜日はラーカップシリーズ第4戦(60分耐久レース)に参戦してきました。
今回のレースは病み上がり直後のレースとあって、体力的に少なからずとも不安がありましたが、天候は朝から雨です。体力的には晴れよりは影響は少なくてすみます♪
コースコンディションはウェットです。肝心のマシンの調子ですが、私のマシンはウェットになると機嫌が悪くなるようで、練習走行でも他車に詰め寄られたり、あっさりとオーバーテイクされる始末です。
そんな不安を抱えたまま予選が始まりますが、今回のレースも前回の耐久レースで表彰台に乗っているため後方からのスタートとなります。
予選の道中ですが、練習走行の時とたいして変わらず他車に離される一方で終え、16台中13番手のタイムでした。
後方ハンデがあってもなくても変わりませんね^^;
そして決勝ですが、最後方からジャンプアップスタートを狙いますが。1コーナーで外から捲くりをかまそうと思いましたが、前方で2台が接触しコースアウト。接触スレスレで避けて向きを変えたら今度はイン側で4台が絡むマルチクラッシュです。これにも巻き込まれずにすんで、労せずポジションアップしました。
このまま周回を重ねても前方にはマシンがいてクリアラップが取れないので、1周目にピットインして10秒ストップします(1人で参加の場合はドライバーチェンジがない変わりに10秒ストップとなります)。
その後コースインして走りますが、状況は変わりませんが、一つだけ気が付いたことは、ドライバーに問題ありということです。
ドライの時は絶好調なのですが、雨が降ると本来のドライビングがなかなかできないようです。
そんな中周回を重ねていって、40分を過ぎた頃に給油を済ませコースインすると、ラインが徐々に乾いていっているではないですか。
とたんにペースが上がり、100%とまではいきませんが、それまでのマシンの不調がうそのように蘇ります♪
前を行くマシンとの差がぐんぐん縮まっていきます。
残り5分の時点で6番手までにポジションアップしました。
残り3分で、5番手のマシンまで追いつきますがなかなか抜けません。60分が過ぎ、最後の1周となったところで、1コーナーで差し場ができました。チャンスとばかりにインを突いて並走し2コーナーで前に出ました。
その後はさし返されないように気をつけて、5番手でチェッカーを受けることが出来ました♪
それにしてもウェットコンディションになるとマシンの調子が極端に悪くなる原因がはっきりと分かりません。ドライバーのテクニックが原因の50%だとして、残りの50%は何だろう。。。

2006ラーカップ第4千整ト.jpg

この直後に大クラッシュが。。。


彰台.jpg

スクリームかぶりました^^;
posted by ネオス at 22:03| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

2006年ラーカップシリーズ第3戦(スプリント)

日曜日は2006年ラーカップシリーズ第3戦(スプリントレース)に参戦してきました。
今回のレースは第1戦のスプリントレースで表彰台に上がったため、予選タイムに関係なくハンデが与えられて、後方からのスタートとなります。
で、本日の参加台数がなんと19台、「勘弁してくれ〜」ってな感じです。
マシンの方も今日に限って調子が良くなく、公式練習でも機嫌が悪く「どうせ後方スタートだからいいか!」なんて言い出す始末です。
まずは公式予選ですがハンデの有無に関係なく、19台中15番手のタイムです。
過去2戦に比べて明らかにマシンの調子が良くない!ブレーキング後の加速が悪いです。
公式予選が終わるとすぐにセミファイナルレース(15周回)が始まるので、ここでは時間もなく調整も出来ませんでした。そしてセミファイナルレースは19台中18番手からのスタート。
道中は他社のフライングによるペナルティー、エンスト、マルチクラッシュ等があって、運良く10番手まで浮上することが出来ました♪
ただ、マシンの調子はますます悪くなる一方でした・・・。マシンの症状を、いつもピットクルーをしてくれている耐久おやじさんに説明し、原因を考えます。で、たどり着いたのは「駆動系に問題あり」、ブレーキング後のシフトダウンがうまくいかず中速ギアのまま立ち上がっているのだろうとのことでした。すぐにマシンをバラし、クラッチ部分の掃除、グリース交換をしました。ついでに他の部分も掃除し、後はキャブレターのガスケットまで交換しました。
この整備が正解かどうかであるのかは走ってみないとわかりません。
そうこうしているうちに決勝の時間となりました。これまで路面もウェットだったのがドライのコンディションに変わってきました^^。
セミファイナルレースで10番手までポジションアップしたので決勝は10番手グリッドからのスタートとなります。
フォーメーションラップでマシンの調子がどこまで回復しているのかを確かめたのですが、明らかに良くなっている感じです♪♪
そして決勝スタートです。スタートもよく1周目で8番手に浮上。2〜3周回った感じではマシンは完全に復調してました。その後は周回を重ねても1台2台と抜いていきます。その後はなかなか前にいけなかったのですが、前を走っていたSさんが前のマシンと接触し5番手まで浮上。その後1台を抜いて4位までポジションアップしました。
この時点で残りが8周回でした。前のマシンとはホームストレート1本分位離れてます。でもあきらめずに果敢に追い上げていきます。前は2番手争いをしているのでペースは私の方が速いです。徐々にですけど前との差が確実に詰まってきました。「どっちかがワンミスしてくれたら表彰台に上れるチャンスもあるかも♪」と思いながら追っていたのですが、どちらもミスなどするはずがなく、コンマ3秒まで迫ったところでチェッカーが振られ、4位でフィニッシュしました。
これで次回のスプリントレースはハンデなしで出られるので勝てるチャンスが広がりました♪
マシンの復調にサポートをキッチリとやってくれた耐久おやじさんに感謝感謝です。

2006-3.1



2006-3-2.jpg



帰宅後10km走りました^^;
posted by ネオス at 19:58| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

2006年ラーカップシリーズ第2戦(60分耐久)

日曜日は2006年ラーカップシリーズ第2戦(60分耐久レース)に参戦してきました♪
去年までは亜愚レンジャーさんという強力なパートナーがいたのですが、今年は臨戦過程がいい加減だったので一人での参戦となりました。
前回の第1戦が終わってからは忙しくて、ぶっつけ本番での第2戦となりましたが、マシンの調子はほぼキープしたままで(下手にいじると逆効果という話もある)、公式練習は5位。今回のレースまで新品タイヤを買わずに我慢のレースをするつもりだったのでこの結果には満足でした。
この時点まではタイヤ温存のため目一杯は走ってなかったのですが、予選はタイヤを気にしながらも頑張って2位をゲットしました。
耐久レースはスプリントレースと違い1時間という長丁場のレースなので、スピードだけでなく、ピット作戦、運、展開も味方につけないと勝利するのは厳しいです。
今回の私は、1人参戦なので、レギュレーションにより、他のチームがドライバー交代だけで済むとことをピットで10秒ストップしなくてはなりません。
でも、今年に限って、お気楽モードでシリーズ戦に挑んでいる私には何とも感じません。
道中は幾多の試練はありましたが2位でチェッカーを受けることができました♪
サロマに行くために、2戦落ちのタイヤを使ったにしてはいい順位でフィニッシュできたと思います。
さすがに終盤はタイヤのグリップが落ちてきたので、次はタイヤケチケチ作戦は通用しなさそうです^^;

2006ラーカップ第2戦−1.jpg

4号車が私です。なんとか番手をキープしてます。

2006ラーカップ第2戦ー3.jpg

なかなか勝てませんね。
posted by ネオス at 22:05| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | カート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拡大地図を表示
最安値宣言実施中!あの人気ホテルが最大半額以下

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。